勤労会館とは

勤労会館の特徴

ごあいさつ

感謝と誓い

愛媛県勤労会館(ピュアフル松山)は1973年(昭和48年)12月15日にオープンし、本年創立40周年を迎えることができました。
建設にあてっては、愛媛県および県下各自治体と県下企業34社のご支援もいただきながら、労働組合運動と労働者福祉運動の有機的連携をいっそう強固にし、全県下の勤労者が集結するにふさわしい統一センターの建設を労福協運動の一つの事業として取り組まれました。(着工にあたっての1973年3月の理事会表明)
この間、愛媛県勤労会館(ピュアフル松山)は、労働団体、労組組合員をはじめ、県下勤労者、各企業の皆様の幅広いご利用に支えられて、地域に密着した事業展開を行ってまいりました。
とりわけ、ブライダル部門では2013年度末で挙式組数7,200組を超える実績をあげ、地域におけるブランドを築くことができました。
今後も、「勤労県民のための福祉・文化活動を推進し、勤労県民の経済的、社会的地位の向上に寄与する」という原点を忘れず、「ベストプライス&ハイクオリティー」(いいものを最良価格で)をモットーをして、おもてなし、サービスに努めてまいりますので、倍旧のお引き立てをいただきますようお願いいたします。

一般社団法人愛媛県勤労会館
(ピュアフル松山)
理事長 弓立 浩二

沿革

1970(昭和45) 愛媛県労働者福祉協議会が労働者福祉センター設立構想を起案(3.9)
1971(昭和46) 愛媛地評・愛媛同盟・労働金庫・愛媛共済・労住協・生協連の6団体は労働者福祉会館建設計画に参画表明(8.30)
労福協幹事会の中に建設準備委員会を設立(10.23)
1972(昭和47) 初代理事長に合田昇氏。財団法人愛媛労働会館は財団の解散と財産の処分方針を協議し(6.6)、財産(土地)を設立される勤労会館に寄付を決議(6.19)、愛媛県に社団法人愛媛県勤労会館の設立認可を申請(10.7)、許認可(10.26)、地鎮祭(12.24)、建設に着工(12.29)
1973(昭和48) 11月30日に竣工、12月15日にオープン(会館の結婚式・貸会議室の営業開始)
1974(昭和49) 第5回臨時総会で、会館経営の実情を報告して、料金改定(12.27)
1975(昭和50) 第1回、婚礼総合展示会を開催(8.2・3)翌年からは年2回開催。
1976(昭和51) 理事長に佐伯嘉三氏。全国会館連絡会に加盟(1.25)愛媛県労働者福祉協議会に加盟(9.17)
1981(昭和56) 別館起工式(8.4)
1982(昭和57) 別館落成式(3.2)全労済の別館に移転・本館の各事業所の移転(4月)
1984(昭和59) 全労済・労住協と本館建物売渡契約書を締結(3.19)
1987(昭和62) 理事長に高橋哲雄氏。サブネームを「ピュアフル松山」として新装オープン(3.27)
1989(平成1) 6階および1階のロビーの改装工事に着手・リニューアルオープン祝賀会を挙行(8.28) フジグラン松山にブライダルサービス「WIS」をオープン(12.1) 受付事務のコンピュータ化(4.1)
1992(平成4) 館内の全面改装工事に着手し翌年12月完成。また直営喫茶「ラ・フレール」がオープン(6.1)
1993(平成5) 理事長に竹内徹氏。
1994(平成6) 経理事務のOA化により、施策の早期対応が可能となる(4.1)
1995(平成7) 独立型チャペル「フェアリーチャペル」オープン(9.1)翌年チャペルの利用率が高まる。
1997(平成9) セールスカレンダーの作成により組合および事業所の各セレモニーにタイアップした効率的な販売を行う(4月) サービス課の設置により一層のサービスアップに努める(8月)
1998(平成10) 会館経営の安定化をはかるため、長期事業計画策定小委員会を設置する(4.13)
1999(平成11) 2000年問題に伴うコンピュータシステムのシュミレーション開始(4月) 各階トイレ・外壁塗装・水周りの補改装を行う(7月) 厨房の全面改装により厨房の直営化を実施(9月) レストラン「欅」オープン(9.6)
2000(平成12) ビアホールオープン(9.6)以後毎年実施する。5階「白鷺の間」リニューアルオープン。アットホームなレストランウエディング風に様変わり(11.16) 料理とワインを楽しむ会をレストラン「欅」にて実施(11.17)以後毎年実施する。
2001(平成13) 理事長に尾崎公氏。 ブライダルフェアーを毎月1回のペースで実施(4月) ブライダル試食会を毎月1回のペースで実施(11月)ブライダルプロデュースとの業務提携(9月) 6階「鳳凰の間」や玄関周辺の改装(9月)
2002(平成14) 料理メニューや接客セールスの研修を横浜にて行う(8月) 改装の結果、挙式者から多くの支持を得て組数アップに貢献。
2003(平成15) 理事長に河野廣美氏。 4階「孔雀の間」・レンタルブティック改装オープン(1.14) 「30周年記念式典・レセプション」を開催(5.29)
2005(平成17) 理事長に木原忠幸氏。屋上チャペルオープン(11.1)
2007(平成19) 「鳳凰の間」「孔雀の間」1階ロビー改装。
2008(平成20) 公益法人制度改革3法が施工される(12.1)
2009(平成21) 5階「白鷺の間」、神式場改装オープン(8.22) 5階「喫煙ルーム」新設(8.22)
2010(平成22) 新公益法人移行に備え、各種研修に参加。
2011(平成23) ブライダルサービスWIS店舗移転(3.3)
2012(平成24) 一般社団法人愛媛県勤労会館の設立登記(4.1)
2013(平成25) 1階ロビー・エントランス、4階「ブレークス(孔雀の間)」、5階ロビー改装(2~3月) 中長期構想検討会の立ち上げ(12.24)
2014(平成26) 理事長に杉本宗之氏。設立40周年記念式典・レセプション(5.28)
2017(平成29) 理事長に弓立浩二氏。

運営団体

団体概要

名称 一般社団法人 愛媛県勤労会館
所在地 〒790-0066 愛媛県松山市宮田町132
代表者 理事長 弓立 浩二
設立年月日 1973年12月設立
設立目的 勤労者及び勤労者の団体の福利厚生活動を積極的に推進し、
勤労者の経済的、文化的地位の向上に寄与すること。
事業 ・貸室事業(3階~6階フロア)
・貸会議室・宴集会・婚礼事業(4階~6階フロア)
大小12会場(15名~150名)
<会場>一般会議、定期大会、総会、セミナー、講習会、試験会場、各種学会他
<宴集会>懇親会、記念レセプション、各種パーティ
<婚礼>挙式・披露宴・二次会
<レストラン>ランチ・ビアホール(夏季)
主要取引先 労働組合 福祉事業団体【四国労働金庫、全労済、県生協連、労働者福祉協議会(愛媛県)】
自治体(愛媛県)各種法人

PDF資料

定款

Acrobat Readerをダウンロードする
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、Adobeホームページにて無償で配布されています。

ピックアップ記事

  1. 快適な室内だから、雨の日だって大丈夫!ウエディングのプロがつくるスペシャルグルメを堪能して!来館...
  2. 「みんなが幸せになれるウエディングを」ハピネス体験フェア5月14日(日)10:00~19:00...

おすすめ記事

  1. 旬の美味しさを詰め込んだ春限定の特製お弁当です。
  2. 厳選素材を使用した心に残るおもてなし宴会を最大150名まで利用できる「ピュアフル松山」の歓送...
ページ上部へ戻る